中野区の⼀般歯科・⼩児歯科・口腔外科

〒164-0001 東京都中野区中野3-27-21

03-6382-5850 Instagram 24時間ネット予約
MENU

義歯・入れ歯

Denture

入れ歯

入れ歯は抜歯したり事故や病気で歯が抜けたりした部分を補う義歯で、取り外しができます。両隣の歯が残っていないと適用できないブリッジと違い、残っている歯が何本であっても大丈夫です。
全ての歯がなくなっていれば総入れ歯、1本でも残っていれば部分入れ歯を使います。部分入れ歯は、歯の抜けた部分に人工歯のついた床を置き、残った歯とバネでつないで支えます。保険適用で治療できますが、審美性や機能性を重視してさまざまな材質を使ったものもあります。汚れが着きやすいですので、口臭を防ぐためにも毎日の洗浄が欠かせません。入れ歯洗浄剤のほか、噛(か)みやすくするための入れ歯固定剤も市販されています。

入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話にくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

  • 入れ歯があたって痛い
  • すぐにはずれる
  • ガタガタする
  • 見た目が気になる

など、入れ歯についてのお悩みはお使いの方の生活スタイルにより異なります。入れ歯にもやはり良し悪しはあります。お使いの入れ歯がそもそもお口の中に適合していないのか、慣れることができていないのか、そのことが “わかる” ことで上手に入れ歯を使いこなすことにつながります。

Kind入れ歯の種類

入れ歯は設計、材料、製作工程とその選択肢は想像以上に豊富です。見た目の自然さ、装着感、保険適用の有無など様々な種類を選ぶことができます。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は薄さ、耐久性、見た目の良さについては保険外の入れ歯には及ばないことが多いですが、入れ歯としての機能を発揮することは可能です。

レジン床義歯
レジン床義歯

現在、最も多く作られている“保険が適用できる”入れ歯です。レジンというプラスチックの素材でできています。適用範囲は広くほとんどの症例で使用することができます。デメリットは入れ歯を支える金属が目立ってしまうこと、強度を保つために厚みが必要となり装着時の違和感が出やすいということが挙げられます。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は材料、設計、治療工程において選択肢の範囲が広く、保険内での入れ歯で改善できなかったお悩みに対応した入れ歯を作製できる可能性が高まります。

チタン床義歯
チタン床義歯

薄くて軽くて顎に馴染みやすい金属になります。生体親和性に優れているため金属アレルギーが出にくい金属とされています。上の入れ歯の厚みが気になる方に適しています。

コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯

保険診療の入れ歯に比べると厚みが3分の1と薄く、耐久性に優れています。生体親和性についてはチタンのほうが優れています。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

一般的な部分入れ歯は金属のバネを歯にひっかけて入れ歯を固定します。ノンクラスプデンチャーは見える部分に金属を使用しないことでパッと見ただけでは入れ歯をつけているようには見えません。入れ歯が見えるのが気になって、お話ししにくいなどのお悩みにおすすめです。

マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。

pagetop