中野区の⼀般歯科・⼩児歯科・口腔外科

〒164-0001 東京都中野区中野3-27-21

03-6382-5850 Instagram 24時間ネット予約
MENU

入れ歯治療

Denture

Insurance / Own Expense保険・自費の義歯

入れ歯の種類 保険・自費の比較表

入れ歯は設計、材料、製作工程とその選択肢は想像以上に豊富です。見た目の自然さ、装着感、保険適用の有無など様々な種類を選ぶことができます。

保険診療の入れ歯

レジン床義歯
レジン床義歯

現在、最も多く作られている“保険が適用できる”入れ歯です。レジンというプラスチックの素材でできています。適用範囲は広くほとんどの症例で使用することができます。デメリットは入れ歯を支える金属が目立ってしまうこと、強度を保つために厚みが必要となり装着時の違和感が出やすいということが挙げられます。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は材料、設計、治療工程において選択肢の範囲が広く、保険内での入れ歯で改善できなかったお悩みに対応した入れ歯を作製できる可能性が高まります。

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

一般的な部分入れ歯は金属のバネを歯にひっかけて入れ歯を固定します。ノンクラスプデンチャーは見える部分に金属を使用しないことでパッと見ただけでは入れ歯をつけているようには見えません。入れ歯が見えるのが気になって、お話ししにくいなどのお悩みにおすすめです。

チタン床義歯
チタン床義歯

薄くて軽くて顎に馴染みやすい金属になります。生体親和性に優れているため金属アレルギーが出にくい金属とされています。上の入れ歯の厚みが気になる方に適しています。

コバルトクロム床義歯
コバルトクロム床義歯

保険診療の入れ歯に比べると厚みが3分の1と薄く、耐久性に優れています。生体親和性についてはチタンのほうが優れています。

マグネットデンチャー
マグネットデンチャー

磁石を入れ歯と残った歯の両方に取り付けて装着します。磁石がしっかりと吸着し合うため、安定感に優れています。見た目は自然で、残った歯の根元を利用できるので装着時の違和感が少ないです。

喪失歯による影響、無補綴の場合の弊害

食事がしにくい、食べ物が良く挟まる、話しにくい、頬がこけて老けて見える

最初のうちは違和感があっても、だんだん順応してしまうと、そのままでも大丈夫と放置されてしまう方がいますが、歯を失った後そのままにするのは大変危険です。

残っている歯が動いて歯並びが悪くなり、歯ブラシもうまくできなくなるため周りの歯の虫歯や歯周病のリスクが高まります。片方だけで噛んでいると、残っている歯に負荷がかかるので、揺れや痛みが出る場合もあります(咬合性外傷)

古い入れ歯をそのまま使っていると

何年も前に作った入れ歯は、痛みなどが生じない限り問題ないと思われてしまいますが、実はお口にフィットしていないことが多くあります。その原因は、顎の骨が加齢変化で溶けてなくなってしまい、それに伴い歯ぐきの形が変化するためです。その状態が進むと、入れ歯が外れやすくなり、食事中に痛みが出て粘膜を傷つけてしまいます。また、入れ歯の歯の部分もすり減ってしまうので、かみ合わせが合わなくなり、良く噛めないという症状も出てきてしまいます。修理や調整を繰り返した入れ歯は、薄くなって折れやすくなります。口臭の原因にもなりますので、入れ歯は定期的な修理や調整・新製をおこない、清潔な状態で使ってください。

部分入れ歯の方

入れ歯のお手入れはもちろんですが、いまある歯を大切にケアすることが最も重要になります。ご自身の歯ブラシだけでは取り切れない汚れや、歯の根元のすき間の汚れを放置していると、虫歯・歯周病が進行します。ご自身のお口の状態にあったケアグッズを使って、今ある歯を大切にしましょう。

  • PDの鈎歯1
  • PDの鈎歯2
  • PDの鈎歯3

歯科インプラント治療の弊害

インプラント治療とは、体の失われた部分を別の人工物で補う治療を言い、歯を補う治療は歯科インプラントと呼ばれます。

ひと昔前までは、歯を何らかの原因で失ったとき、その後の治療としてはブリッジ補綴や入れ歯という治療法しかありませんでした。しかし、ブリッジ補綴は、隣同士の歯を削り、場合によっては神経まで取る必要があるなどの欠点があります。入れ歯に関しても、馴染むまでに時間がかかり、食事中や会話中に違和感が大きいといった欠点がありました。

そのような欠点を解消してくれるのが、歯科インプラント治療です。隣同士の歯を削る必要もなく、術後の違和感もほとんどないので、最適な治療ともいえます。しかしながら、歯科インプラント治療は、体への侵襲はほかの治療方法に比べて大きいという欠点があります。そして、術後のケアが、ブリッジ補綴や入れ歯よりも困難であると言わざるをえないのが現状です。インプラントは入れ歯と異なり、基本的には自力で取り外すことができません。必ず歯科医師が取り外し、定期的な清掃が必要です。清掃が不十分ですと、インプラント周囲炎(顎骨が炎症で溶けてインプラント自体が外れてしまう病気)になってしまいます。せっかく高額で体への負担が大きい治療を受けたとしても、その後のケアをしっかりできていなければ、インプラント治療前の状態よりも悪い状態になってしまうこともあります。

また、術後の経過が良く、ご自身のケアもしっかりできていたとしても、高齢になった時に定期的に歯科医院に通院するのは困難です。介護施設などに入所された場合、そこで適切な医療環境を整えることは現状非常に困難と思われます。

以上を踏まえると、インプラント治療は安易に選択される治療ではないことは確かです。日本は現在超高齢社会です。今現在のことだけではなく、ご自身の長期的な将来設計を考えた上で、どれが一番適切な治療方法なのかを選択しましょう。

料金表はこちら

Non-clasp Denture目立たない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

入れ歯だと気づかれたくない方へ

今使っている入れ歯だと、口を開けたときに金具が見えてしまう。
他人に、入れ歯だと知られたくない。

付けたときの安定感はそのままに、金具やワイヤーが目立たないような入れ歯(ノンクラスプデンチャー)をご存じですか?

ノンクラスプデンチャーであれば、他人が見ても入れ歯だと気づかれにくいため、見た目も改善されますし、会話や食事も行えます。

料金表はこちら

pagetop